埒が明かない らちがあかない

物事がはかどらない。決まりがつかない。

埒が明かないの由来・語源

「埒」は馬場の周囲に巡らした柵のこと。その柵が開かないと競べ馬が始まらないことからたとえていう。
また一説に、奈良の春日大社の祭礼で、金春太夫(こんばるだゆう)が祝言を読まないと前夜から神輿の周りに置かれた柵が開かないことからともいわれている。
本来は「埒が明く」と肯定形であったが、現在は多く否定形で用いられている。
カテゴリ:様相