啖呵を切る たんかをきる

胸のすくような歯切れのよい口調で話すこと。また、威勢のいい言葉を放ち、相手をやりこめること。

啖呵を切るの由来・語源

「啖呵」はせきを伴って激しくでる痰(たん)、また、痰の出る病気のこと。もとは「痰火」と書き、体内の火気によって生じると考えられていた。これを治療することを「啖呵を切る」といい、治ると胸がすっきりすることからたとえていう。
カテゴリ:人間