呉服 ごふく

和服用の織物の総称。特に、絹織物をさすこともある。

呉服の由来・語源

古代中国の呉から渡ってきた織物のことを「呉織(くれはとり)」といい、「呉服」とも書いた。「はとり」は「はたおり(機織)」の変化で、織物の意味。
江戸時代になって、その「呉服」を「ごふく」と音読みして、和服用の織物の総称として用いられるようになった。
カテゴリ:生活