双璧 そうへき

甲乙つけがたいほどすぐれている、2つの人や物。

双璧の由来・語源

「壁」は輪の形をした玉(ぎょく)のことで、一対の宝玉が原義。
中国の史書「北史」の「陸凱(りくがい)伝」にある、陸凱の2人の息子がそろって英俊であったことを、洛陽の長官の賈禎(かてい)が「双璧」と評したという故事に基づく。
カテゴリ:人間