及び腰 およびごし

自信のない、おどおどしたような態度。

及び腰の由来・語源

遠くにある物を取るときに、腰を曲げて手を伸ばした、宙に浮くような姿勢がいかにも不安定そうでふらふらしていることからのたとえ。
もともとは、姿勢についてのみいった言葉だが、自信のない時にとる姿勢であることや、不安定な状態の意味から、自信なさげな態度や心理状態についても用いられるようになった。
屁をふる腰つきから、「へっぴり腰」ともいう。

及び腰に関連する言葉

カテゴリ:人間