半畳を入れる はんじょうをいれる

他人の言動をからかったり、やじったりすること。

半畳を入れるの由来・語源

「半畳」は、昔の芝居小屋で客に貸した小さなござのこと。役者が下手だったり、芝居がおもしろくなかったりすると、客はそのござを舞台に投げ入れたことからたとえていうもので、「半畳を打つ」ともいう。
カテゴリ:文化