十五夜 じゅうごや

旧暦8月15日の夜。「中秋の名月」とも。仲秋の名月の夜で、酒宴を催し、詩歌を詠む習わしがあり、また、月見団子・芋・豆・栗などを盛り、ススキや秋の草花を飾って月を祭る。仲秋。芋名月。

十五夜の由来・語源

そもそも、十五夜とは 「満月」の意。月が新月(真っ暗の状態)から満月になるまで、約 15 日かかるのがその由来。

十五夜に関連する言葉

カテゴリ:行事・風習