加薬飯 かやくめし

野菜や魚、鶏肉などをいれて炊き込んだご飯。

加薬飯の由来・語源

「加薬」は漢方で、主薬に加える少量の補助薬のこと。転じて、料理に加える香辛料の薬味、さらに、飯やうどんに加える具を意味するようになった。
加薬飯(加薬ご飯とも)は主に関西方面で使われる言葉で、関東や他の地域では五目飯というところが多い。ちなみに、「五目」はいろいろなものが混じっているという意味。
カテゴリ:食べ物