判官贔屓 ほうがんびいき

弱い者や敗者に同情してひいきすること。

判官贔屓の由来・語源

平安時代末期、兄の頼朝に滅ぼされた悲劇の英雄、源義経に人々が同情したことからいわれるようになったもの。「判官」は義経の通称で、官職が今でいう警察に当たる、検非違使(けびいし)の尉(じょう)であったことにちなむ。
カテゴリ:社会