八朔 はっさく

ミカン科の常緑高木。果実は表皮が滑らかでやや小形、甘味も多い。江戸末期に広島県因島(いんのしま)で発見された。八朔柑 (はっさくかん) ともいう。

八朔の由来・語源

「八朔」とは「八月朔日」の略で、「朔日」とは「1日」のこと。陰暦の8月1日ごろから果実が食べられるようになるからこの名がついたとされるのが通説であるが、実際にはこの時期にはまだ果実は小さく、現在は12月ごろに収穫され、1ヶ月ほど冷暗所で熟成させたのち、出荷される。
カテゴリ:自然