先鞭をつける せんべんをつける

人に先んじて着手するたとえ。他にさきがけること。

先鞭をつけるの由来・語源

「先鞭」は戦場で、人より先に馬に鞭を当て、先駆けの手柄を立てること。中国の晋の劉琨(りゅうこん)は自分より先に親友の祖逖(そてき)が手柄を立てることを恐れて、「祖逖が馬に鞭を入れるのではないかと、戦戦兢兢としている」と知人への手紙に書いたという「晋書」の故事にちなむ。
カテゴリ:人間