億劫 おっくう

面倒くさくて気の進まないこと。仏教では「おっこう」とも読む。

億劫の由来・語源

「劫」は極めて長い時間の単位で、「億劫」はその1億倍、すなわち、気の遠くなるような長い時間を意味する。長時間かかわることはわずらわしく、やる気がでなくなることから、たとえていうようになった。
カテゴリ:人間