傍若無人 ぼうじゃくぶじん

周りに人がいないかのように、勝手気ままに振る舞う様子。

傍若無人の由来・語源

出典は、中国の『史記』で、秦の時代、燕(えん)の衛の荊軻(けいか)は、筑の上手い高漸離(こうぜんり)と酒を飲んでは、うたって、酔い、騒ぎわめいて、まるで傍に人がいないかのような振る舞いをして暮らしていたという故事にちなむ。
「傍(かたわ)らに人無きが若(ごと)し」と訓読する。
本来は、この語に非難の意味はない。
カテゴリ:四字熟語