俳句 はいく

五・七・五の十七音から成り、原則として季語を入れる短詩。俳諧連歌の発句が独立したもの。世界最短の定型詩とされる。

俳句の由来・語源

元来は発句および連句の句を指したが、明治時代になって、正岡子規が発句のみを意味する語として使用し、一般に広まった。

俳句に関連する言葉

カテゴリ:文化