付け焼き刃 つけやきば

一時の間に合わせににすること。また、そうして身につけたもの。にわか仕込みの知識や技術などをけなしていう。

付け焼き刃の由来・語源

切れ味の悪い刀に、刃だけはがねを付け足したものを「付け焼き刃」といい、すぐに刃がこぼれて役に立たなくなることからたとえていうようになった。
カテゴリ:人間