乳母日傘 おんばひがさ

子どもを過保護なくらい大切に育てること。

乳母日傘の由来・語源

「おんば」は「おうば」が転じたもので、母親に代わって乳を飲ませ、子どもの世話をする女性「うば(乳母)」のこと。
乳母をつけ、外に出るときは日傘で覆って日差しから守る意で、そのように甘やかされて育った人をけなしていう。

乳母日傘に関連する言葉

カテゴリ:人間