丼勘定 どんぶりかんじょう

おおまかに金の出し入れをすること。無計画にお金を使うこと。

丼勘定の由来・語源

「丼」は江戸時代に、お金や小物を入れて懐に持ち歩いていた大きめの袋のことで、この袋にお金を入れて、無造作に出し入れしたことから「丼勘定」という言葉が生まれたとされる。
また、大工やトビなどの職人が着けていた腹掛けの前の部分についたポケット状の物入れのことを「丼」といい、そこから無造作にお金を出し入れすることに由来する説もある。

丼勘定に関連する言葉

カテゴリ:政治・経済