丹前 たんぜん

和服で、広幅で厚い綿入れの防寒具のこと。「どてら」ともいう。

丹前の由来・語源

江戸時代初期に、堀丹後守(ほりたんごのかみ)の屋敷前にあった湯女(ゆな)風呂を「丹前風呂」といった。湯女は風呂屋で客の背中を流したり、相手をしたりする女性のことで、勝山という湯女を目当てに風呂に通う男たちの装いを「丹前姿」「丹前風」といったことに由来する言葉。
カテゴリ:生活