不見転 みずてん

後先のことを考えずに行動すること。

不見転の由来・語源

もとは、花札で、場の状況を考えず、手持ちの札を手当たり次第に出すことをいった。また、芸者がどんな相手でも金次第で情を売る(転ぶ)こともいう。
花札では本来「不見点」と書き、その「点」を芸者が転ぶ「転」にかけて、「不見転」と書くようになった。
カテゴリ:娯楽・遊戯