下手 へた

物事のやり方が巧みでなく、手際が悪いこと。また、そのような人。

下手の由来・語源

「へた(端・辺)」という語は、そのあたり、はしの下を意味し、奥深くないことを意味する。これから転じて、「下手」になった語と考えられている。
なお、ひどく下手で、見るに耐えない様子に対して、俗語的に「へたくそ」という。この場合の「くそ」はマイナスの意味合いを強調する接尾語で、軽蔑のニュアンスを含んでいる言葉である。
カテゴリ:様相