七つ道具 ななつどうぐ

仕事をする上で、大事なひとそろいの道具。また、現代では道具だけでなく、手法、思考法などについても用いることがある。

七つ道具の由来・語源

もとは、昔の武士が戦場に行くときに身につけた、具足・刀・太刀・弓・矢・母衣(ほろ)・兜(かぶと)の7つの道具のことをいった。
カテゴリ:社会