一入 ひとしお

いっそう、一段と、ひときわといった意味の副詞。

一入の由来・語源

「しお」は染物を染め汁に浸す回数を数える用語。一回浸すごとに色が濃くなることから、感情などの程度がさらに増すことの比喩で用いられるようになった。
カテゴリ:生活