モノマネ

人間や動物の声や仕草、様々な音、様々な様子や状態を真似すること。また、それをする芸。物真似。

モノマネの由来・語源

「モノマネ」という言葉は、『源氏物語』に「ものまねび(物学び)」として出てくるほど古い語である。
一説には、武内宿禰の弟が影武者(壱岐直)の祖、真根子を利用したことに由来するともいわれている。
カテゴリ:文化