マッチ

細く短い軸の先端に火薬が塗ってあり、摩擦によって火をつける道具。

マッチの由来・語源

英語matchの語源は、ランプやロウソクの芯を意味するラテン語のmyxa。原義は動植物の粘液だという。
日本には幕末期に紹介され、1875年(明治8年)から国産品が製造された。
「燐寸」と書くのは当て字。
カテゴリ:生活