ホルモン焼き

豚などの内臓肉(もつ)を焼く料理。

ホルモン焼きの由来・語源

語源については諸説あり、臓物は肉を取ったあとの捨てる部位だったので、「捨てるもの」を意味する関西弁の「放るもん」から名付けられたとする説や、医学用語であるドイツ語のHormon(ホルモン)は、体内の組織や器官の活動を調節する生理的物質の総称から、栄養豊富な内臓を食べると、活力がつくとして名付けられた説などがある。
カテゴリ:食べ物