バベルの塔

実現の可能性のない計画。

バベルの塔の由来・語源

バベルの塔とは、『旧約聖書』の「創世記」に出てくるに登場する巨大な塔のこと。
ノアの洪水のあと、人々が天まで届くような高い塔を築き始めると、神は人間の傲慢を憎み、人々の言葉を混乱させて、その工事を中止させたといわれる。
実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまったことにちなんで、空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの塔」というようになった。
カテゴリ:文化