カボチャ

ウリ科のつる性一年草。アメリカ大陸原産で、世界各地で栽培され、果実を食用とし、カロテン、ビタミン類を多く含む緑黄色野菜。

カボチャの由来・語源

日本には天文年間(1532年-1555年)にポルトガル人によってカンボジアから渡来された。ポルトガル語でカンボジアを意味するCamboja(カンボジャ)がなまって「カボチャ」になったとされる。
漢字で「南瓜」と書くのは南蛮渡来の瓜という意味。

カボチャに関連する言葉

カテゴリ:自然