カツレツ

豚・牛・鶏などの薄切りの肉を小麦粉・溶き卵・パン粉をつけて油であげた料理。

カツレツの由来・語源

日本には明治時代に伝わったが、当初はソテーのようなものであった。フランス語で「コットレット」、英語で「カットレット」といっていたものが、言いやすい「カツレツ」に変化し、現在のような油で揚げる洋食が誕生した。原義は薄く切った肉片の意味。略して「カツ」ともいう。

カツレツに関連する言葉

カテゴリ:食べ物