オーロラ

北極や南極地方で見られる大気の発光現象である。極光(きょっこう)ともいう。

オーロラの由来・語源

オーロラという名称はローマ神話のアウロラ(Aurora)に由来する。
ローマ神話ではオーロラは地上に夜明けをもたらす神であり、古代の人々は、夜の暗さを追い払いこの世に光を与えてくれるのは、このオーロラ女神であると信じられていた。

オーロラに関連する言葉

カテゴリ:自然