よんどころない

そうするよりしかたがない。やむをえない。

よんどころないの由来・語源

「よんどころ」は「拠り所(よりどころ)」の変化した語で、よりすがる所、基づく所、根拠の意を表す。その「拠り所」が「無い」のであるから、やむをえないという意味になる。
多く、「よんどころない事情」の形で用いる。
カテゴリ:様相