ぬかずく

ひたいを地につけて拝礼すること。また、ひたいが地につくほどに丁寧にお辞儀をすること。

ぬかずくの由来・語源

「額(ぬか)+突く(つく)」の語構成で、古くは「ぬかつく」と清音であったとされる。
「ぬか」は「ひたい」と同義語だが、単独で使われることは少なかった。「つく」はひたいを地面に突き当てるという意味。
漢字では「額突く」と書くが、読み方の表記は現代では「ぬかずく」が一般的となっている。
カテゴリ:人間