てんやわんや

大勢の人が各自自分勝手にふるまい、混乱するさま・収拾がつかないさま。

てんやわんやの由来・語源

各自、めいめいを意味する「手に手に」から転じた「てんでん」と、無茶苦茶の意の「わや」「わらく」が合わさってできた語。
てんやわんやは江戸時代から使われている俗語だが、1948年(昭和23年)に毎日新聞で連載された獅子文六の小説タイトルとして使われ、流行語となった。
カテゴリ:社会