ずっこける

はぐらかされて拍子抜けすること。

ずっこけるの由来・語源

「ずりこける」から転じたもので、「ずり」は「ずる」の連用形、「こける」は転ぶ。江戸時代から物がゆるんでずり落ちることをいい、のちに、羽目をはずす、失敗する、さらに現代になった、拍子抜けする意味で用いられるようになった。
1968年(昭和43年)ザ・ドリフターズの歌「ズッコケちゃん」で流行語となった。
カテゴリ:人間