しっぺ返し

相手からの仕打ちに、即座に仕返しをすること。

しっぺ返しの由来・語源

「しっぺ」は「竹篦(しっぺい)」のことで、禅宗で用いる細長い棒のこと。座禅の際、師が雑念や居眠りなどで姿勢の乱れた弟子を戒めて打つのに用いる。
師に打たれていた者も修行を詰めば、そのうち打つ側に立つことができることから、やられたらやり返す意味で用いられるようになった。
カテゴリ:人間