がめつい

けちで抜け目がないこと。

がめついの由来・語源

1959年(昭和34年)から上映された、菊田一夫の戯曲「がめつい奴」によって流行した言葉。麻雀用語で、大きな手で上がろうと無理をする意の「がめる」と関西方言の「がみつい」をつないだもので、菊田一夫の造語とされる。
他に、「がめ」は亀と同語源でスッポンのことをいい、スッポンが一度くわえたら離さないことから、この「がめ」に「ごっつい」「きつい」などの「つい」が合わさったという説、また、芸能人仲間の麻雀用語からきた語で、「がめる」と「ついてる」を結びつけたという説もある。

がめついに関連する言葉

カテゴリ:文化