お陀仏 おだぶつ

死ぬこと。また、物事がだめになること。

お陀仏の由来・語源

「陀仏」は、「阿弥陀仏(あみだぶつ)」の略。臨終に際し、極楽往生を願って「南無阿弥陀仏」と唱えることから出たことば。
仏になること(死ぬこと)が、転じておしまいになること、だめになることの意でも使われるようになったもの。
カテゴリ:社会