お彼岸 おひがん

春分の日、秋分の日を中日として、その前後3日を加えた7日間。

お彼岸の由来・語源

「彼岸」は、仏教で生死の海を渡った向こう岸の意味で、悟りの世界、涅槃、いわゆるあの世のこと。
春分・秋分のころを「彼岸」というのは、昼と夜の長さが同じになり、太陽は真西に沈む。その真西にあるのが西方浄土であることによる。

お彼岸に関連する言葉

カテゴリ:行事・風習