お局様 おつぼねさま

職場で、長く勤める女性社員をからかっていう言葉。

お局様の由来・語源

「局(つぼね)」とは、宮中や公家・武家などに仕える局(部屋)を与えられた身分の高い女官のこと。
江戸時代には、大奥の奥女中のことをいい、3代将軍・徳川家光の乳母「春日局(かすがのつぼね)」がよく知られる。権力者の陰で実権を握ることもあったことから、社内で古株として権力をもつ女性社員のことをいうようになった。

お局様に関連する言葉

カテゴリ:社会