お多福 おたふく

丸顔で鼻の低い、醜い顔の女性のこと。また、女性をあざけっていう。

お多福の由来・語源

もとは「お多福面」の略で、丸顔で鼻が低く、額やほおの出た女の顔をかたどった面のこと。ひょっとこと対になって、里神楽(さとかぐら)を舞うときなどに用いられる。
「おた」は顎(あご)の意味の「おとがい」の「おと」が転じたもので、「ふく」は「ふくれ(膨れ)」で、顎が膨れているからとも、福を招く意味で「多福」に接頭語「お」がついたともされる。
また、「おかめ(お亀・阿亀)」ともいい、両ほおの出た形が瓶(かめ)に似るところともいわれている。

お多福に関連する言葉

カテゴリ:人間