おたふく風邪

発熱して耳下腺が腫れて痛くなる病気。子どもがかかることが多い。流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)の俗称。

おたふく風邪の由来・語源

耳の下が腫れて、顔がおたふくの面のようになるところから、この名がある。
おたふくの面とは、丸顔で、額が高く、ほおがふくれm鼻の低い女の顔をした面である。

おたふく風邪に関連する言葉

カテゴリ:社会