あからさま

包み隠さず、明らかなさま。あらわであるさま。

あからさまの由来・語源

古くは、「少しの間、かりそめ」の意で使われていた。原義は「本来の居場所から一時的に離れること」とされ、下二段動詞「あかる(離る・別る)」と同源とされる。
現在のような意味になったのは近世以降で、これは「あからさま」を「明からさま」の意と誤解したために生じた意味変化である。
カテゴリ:様相