K点 けいてん

スキーのジャンプ競技で、飛距離計算の基準になる地点で、そのジャンプ台の建築基準点のこと。この地点から着地斜面の傾斜曲率が変わり、より平坦になっている。

K点の由来・語源

ドイツ語で建築基準点を意味する「Konstruktionspunkt」に由来する。
Konstruktionは「建築、構造」を意味し、punktは英語のpointに当たる語。

以前は、これ以上飛ぶと危険であるという「極限点」を意味するkritischer Punktのことをさしていた。現在ではこの意味の言葉は「ヒルサイズ」と呼ばれ、K点より遠くに設定されている。

K点に関連する言葉

カテゴリ:スポーツ