さかな

魚類の総称。

魚の由来・語源

本来、「さかな」は酒を飲むときに添える食べ物のこと。「さか」は「酒」、「な」は副菜を意味する「菜」で、「酒菜」の意。
「魚」と書いて魚類の総称となったのは江戸時代になってからのことで、魚を酒の副菜にしたことによる。それまでは「うお(魚)」と呼ばれていた。
ちなみに、副菜については「肴」と書いて区別する。

魚に関連する言葉

カテゴリ:自然