馬耳東風 ばじとうふう

人の意見や批判などをまったく心に留めず、聞こうともしない様子のたとえ。

馬耳東風の由来・語源

「東風」は東から吹く春風のこと。人は温かい春風を心地よく感じるが、馬の耳はこの春風に何の反応も示さないことにちなむ。
出典は、中国の李白の詩「答王十二寒夜独有懐」の「世人之を聞けば皆頭を掉り、東風の馬耳を射るが如き有り(世間の人たちは我々の詩を頭を振って聞き入れない。まるで春風が馬の耳に吹くようなものだ)」から。

馬耳東風に関連する言葉

カテゴリ:四字熟語