韋編三絶 いへんさんぜつ

同じ本を繰り返し繰り返し熟読すること。

韋編三絶の由来・語源

「韋編」とは、竹簡をなめし革の紐でとじて巻いた古代中国の書物のこと。「三絶」は三度断ち切れる意。また、何度も断ち切れる意。
孔子が、易経を愛読し、何度も何度も繰り返し読んだため、なめし革のとじひもが三度も切れたという故事に由来する。
カテゴリ:四字熟語