面食らう めんくらう

突然のことに慌てふためく。狼狽する。

面食らうの由来・語源

面食らうとは「橡麺棒(とちめんぼう)を食らう」の略とされる。
橡麺棒(栃麺棒)は栃の実を小麦粉などに混ぜて麺をつくるときに使う棒のこと。栃の実を粉にして練り込んだものは固まるのが早いので、急いで麺棒をふるう必要があった。
栃麺を打つ時の急いで慌てるような様子を「狼狽する」の意を表す「とちめく」に掛けて、「橡麺棒を食らう」の形で狼狽する事態にあうの意を表すようになり、さらに、これを略して「面食らう」となった。
カテゴリ:様相