青天の霹靂 せいてんのへきれき

予想もしなかった異変や大事件が突然起こること。

青天の霹靂の由来・語源

「青天」は雲一つ無いない青空の意。「霹靂」は急に雷が鳴ること。すなわち、青く晴れた空に、突然雷が鳴り響くことから、予期しない突発的な事件が起こることをいう。
もとは、中国南宋の詩人陸游(りくゆう)から出た言葉で、『九月四日鶏未だ鳴かず起きて作る』に「青天に霹靂を飛ばす」とあるのに基づく。
「霹靂」とは激しい雷鳴のことで、筆勢の激しさをたとえていったもの。

青天の霹靂に関連する言葉

カテゴリ:様相