かみなり

雲と雲、雲と地上の間に起こる放電現象のこと。

雷の由来・語源

古くは、雷は神が鳴らすもの、と信じられていたため「神鳴り」と呼ばれていたことに由来する。
古名の「いかずち(いかづち)」の語源はは、「いか」は、「荒々しい」などを意味する形容詞「厳し(いかし)」の語幹で、「ず(づ)」は助詞の「つ」。いかずちの「ち」は、「みずち(水霊)」や「おろち(大蛇)」の「ち」と同じ、霊的な力を持つものを表す言葉で、「厳(いか)つ霊(ち)」という意味。

雷に関連する言葉

カテゴリ:自然