雪だるま

雪で作った丸い塊を2つ重ねて、張り子の人形のだるまの形にしたもの。

雪だるまの由来・語源

「だるま」は禅宗の始祖、達磨(だるま)大師のこと。
南インドの王子で、中国に渡り、崇山(すうざん)少林寺で9年間面壁(めんぺき)座禅をしたと伝えられている。張り子の人形は座禅する達磨大師を模したもので、開運の縁起物とされる。
カテゴリ:文化