陽炎 かげろう

春、日光で熱せられた地面の空気が上昇し、光線で不規則に屈折してゆらゆらと揺れ動いてみえる自然現象。

陽炎の由来・語源

古くは「かぎろひ」といい、かがよふ(揺れて光る)火の意味。揺れ動いているさまが炎のように見えることから「陽炎」と当てて書く。

陽炎に関連する言葉

カテゴリ:自然